肝斑治療(かんぱん治療)なら東京のさやか美容クリニック・町田へ

悩み別メニュー(美容皮膚科)
肝斑

肝斑は、頬・額・鼻・鼻下・アゴなどに左右対称性にある、地図状の淡褐色のシミのことを言います。日本人の皮膚は肝斑ができやすく、20代後半~50代の多くの女性に見られます。原因として、女性ホルモンが関与していると言われています。

肝斑とは?

妊娠・出産後・ピル内服などホルモンバランスが変化したときに現れます。妊娠中に現れる場合は、妊娠2~3カ月ころから現れることが多く、次第に色が濃くなります。出産後には少しずつ消えていく場合もありますが、長期に持続する場合もあります。
また紫外線、皮膚への過剰刺激(こすり過ぎ)、不規則な生活、ストレスなども肝斑が発症する原因となります。

肝斑の治療法

レーザートーニング

肝斑のチェック法

  • シミが頬骨・目尻のあたりに左右対称にある。
  • シミの形は、もやっと広がっている。
  • 妊娠したことがある、またはピルを服用したことがある。
  • 顔のマッサージをよくする。
  • ストレスをよく感じる。
  • 日常生活や食生活が不規則

以上のチェック項目が多い方は、肝斑の可能性があるので、早めに医師にご相談ください。

肝斑の治療の流れ

STEP1

カウンセリングにてお肌の状態をドクターが診察し、どの治療に適応かどうか判断します。個々の症状に応じた治療法をアドバイスします。

STEP2

クレンジング洗顔してメイクを落としていただきます。

STEP3

肝斑の部分に、レーザーを照射します。

STEP4

最後にお肌をクーリングして終了です。

施術の特徴
手術時間 10分程度
痛み パチパチとはじくような刺激があります。
通院 1~2週間に1回のペースで5~10回繰り返し治療します。
施術後 肌にほんのり赤みが出る方がいます。
時間の経過とともに消えますので、ご心配ありません。
治療後はいつも通りメイクをすることができます。
注意点 治療中の日焼けは、悪化の危険がありますので控えてください。

レーザートーニングについてはこちら

肝斑のよくある質問

内服薬は必要ですか?
肝斑の対策には、体の内側からメラニンを抑えることが大切です。そのため内服薬は不可欠です。 内服薬に加え、美白外用剤を使用していただければ、さらに効率的に肝斑治療ができます。
痛みはありますか?
痛みの感じ方には個人差があります。人によっては、肌を輪ゴムではじかれるような痛みを感じることがあります。照射直後にクーリングを行いますので、帰宅される際には、ほとんど痛みは感じません。
治療後に注意することはありますか?
外出する時には、日焼け止めを塗るなどして、日焼けしないように注意してください。また、こすったりすると刺激で肝斑が悪化することがあるので、控えてください。

肝斑についてのその他のよくある質問はこちら

料金はこちら

悩み別(美容皮膚科)
悩み別(美容外科)
オススメの
  • 極上のアンチエイジングナチュラルPRP皮膚再生療法
  • シミ・肝斑を治すレーザートーニング
  • 切らないたるみ治療ウルトラVリフト
  • 驚異のセルライト除去マシーン セルライトスリム
  • モニター募集
  • 採用情報

pagetop

さやか美容クリニック・町田
〒194-0013
東京都町田市原町田4-1-10 フジモトビル5F
電話 042-709-0145
最寄駅 JR横浜線、小田急線 町田駅徒歩5分

地図